地震対策グッズの取り付けポイント

みんなでやろう地震対策 > 家具から身を守る! > 家具の転倒防止器具のポイント

家具の転倒防止器具のポイント

家具の転倒防止器具の効果的な使い方といわれているのは壁に直接ネジで固定する器具の効果が高いのと、2個以上の器具を同時に使用すると、高い効果があるそうです。

ネジ止めしない転倒防止器具でも、家具の2箇所を固定すると、一個で使用するときよりも効果があるそうです。

なので一番良い取り付け方法として家具はネジで直接固定した方が一番効果がありますが、いろんな理由で壁に穴を開けれない、家具に穴を開けたくない人は2個以上のグッズを使用して転倒防止の効果を高めていきましょう。

家具類を倒れにくくするポイント

棚やタンスなどは、重い物を下の方に入れて、重心を低くする。

二段重ねの家具は、上下を平型金具などで固定して地震の揺れでずれたりしないようにする。

柱、壁にネジで固定する時は、木ネジを使用しL型金具などで家具の上部を固定する。

ピアノやオルガンは、移動防止器具を脚に装着する。

食器棚や窓のガラスが飛散しないようにしておく

ガラスには、ガラス飛散防止フィルムを張る。

ガラス製品や電灯が転倒・落下しないようにしておく

タンスなどの高いところに物を置かない。

食器棚のガラス製品(ビン類など)が、地震で転倒したり床にすべり出したりしないよう防止枠を設置する。

開き扉の家具は、掛金などを使って地震の揺れでも扉が開かないようにする。

家具の置き方にも注意

家具の配置の仕方のポイント!

寝る部屋にはできるだけ家具を置かない

一番良いのは部屋に何も置かない事ですが、それは無理なので家具を置く場合には頭に家具が倒れないよう、寝る位置を工夫しましょう

それと、落下物による怪我防止のため家具の上には重いものを置かないようにしましょう。

避難する時の事を考えた家具の配置

家具が動いたり転倒、中身の散乱で避難する時に邪魔になる場合があるので、部屋の出入り口や廊下には避難の邪魔になるような家具の配置をしないでください。

家具に収納するときのポイント

重いものは家具の下に収納することで家具の重心が下がって倒れにくくなります。

畳の部屋は家具が倒れやすい

フローリングの床より、じゅうたんや畳などの床に置いた家具の方が転倒しやすいです、畳のお家の方は十分に注意してください。

火気の周辺に物を置かない

地震で家具がストーブに倒れ、そこから出火することもあります。ストーブやコンロの周りに家具や燃えやすいものなどを置かないようにします。

スポンサードリンク