地震が発生したときにどうすればいいか?

みんなでやろう地震対策 > 地震が起きたら! > 地震が発生したら!【基本編】

地震が発生したら!【基本編】

地震発生の直後はとにかく落ち着いて行動しよう

地震発生した直後は家具が倒れたり落下物に当たったりすることがないように机の下に入ったり、クッション・座布団などで頭を守りましょう。

大きな地震でもすごく揺れるのは長くても1分くらいなので、あわてて外に飛び出したりしないで落ち着いて行動しましょう。

地震発生直後から2〜3日までの行動

家族の安全と余震に注意!

いつ余震が起きて建物が倒れてくるか分からないので倒れかけている建物には近寄らないようにしましょう、そして徒歩で避難場所に避難しましょう。

消火・救護作業の手伝い

みんなで協力して消火作業や、けが人の救護の手伝い、炊き出しなどをしましょう。

なんとかして自分達の力で乗り切る

非常用に蓄えていた食べ物で頑張ってしのぎましょう。

地震発生4日目以降の行動

元の生活に戻れるように頑張りましょう

余震に注意しながら、復旧に向けてがんばりましょう

嘘の情報に惑わされないように注意!!

こういう時にはいつも嘘の情報が問題になります

避難場所などではラジオ・テレビなどの情報や警察官や役所の人からの情報を聞き、それ以外の人から聞いた話しは聞き流しましょう。

人づてに回ってきた嘘の情報を信じてそれに惑わされる事のないようにしてください。

地震のあとなのでパニックになりやすい

地震のあとは心も動揺していてます、周りの人もみんなそうです、なので自分勝手な行動や発言はひかえましょうトラブルの元です。

スポンサードリンク