地震に備えて知っておきたい情報

みんなでやろう地震対策 > 地震へ備えよう

地震に備えて知っておきたい「災害用伝言ダイヤル171」

地震などの災害が発生した時は、多くの人が被災地にいる知人などの安否の確認、問合せを電話でするので、電話がつながりにくい状況が数日間続きます。このような状況を改善するため、「災害用伝言ダイヤル」というサービスがあります。

まず災害用伝言ダイヤルとは、簡単に言うと「伝言板」の代わりをしてくれるシステムです。被災地の人が録音した安否情報を、親戚や知人等が再生することで、安否情報などを確認することができたり、逆に被災地の人にメッセージを送ることもできます。

災害用伝言ダイヤルの録音や再生は、被災地に住む人の自宅電話番号を使って行います。「171」に電話した後、ガイダンスに従って利用してください。災害用伝言ダイヤルは、地震などの災害の発生で被災地への通信が増えたため電話がつながりにくい状況になった時に提供が始まります、普通は使えません。

災害用伝言ダイヤルが使えるかどうかは、テレビやラジオ等によってお知らせしてくれます。

災害用伝言ダイヤル171の使い方

[ 伝言を録音する場合の操作方法 ]

T.「171」に電話すると「こちらは災害用伝言ダイヤルセンターです〜」とガイダンスが流れるので良く説明を聞きましょう。

U.ガイダンスの後、録音したいので「1」を押します

V.「被災地の方はご自宅の電話番号〜」とガイダンスが流れるので良く説明を聞きましょう。

W.ガイダンスの後、自宅の電話番号を入力すると、災害用伝言ダイヤルセンターに接続されます。

X.その後、ガイダンスで「(電話番号)の伝言を録音します〜」と流れるので、電話がプッシュ式の電話機の場合は「1」を押して「♯」を押します、ダイヤル式の電話の場合はそのまま待ちます。

Z.その後にまたガイダンスで「伝言をお預かりしますピッという音の後に30秒以内でお話ください〜」と流れるので、ピッという音の後に30秒以内でメッセージを録音しましょう。

[.録音終了後「9」を押して「♯」を押します、その後ガイダンスで「伝言をお預かりしました」と流れた後、自動で通話が切れますのでそれで録音が完了した事になります。

[ 伝言を再生する場合の操作方法 ]

T.「171」に電話すると「こちらは災害用伝言ダイヤルセンターです〜」とガイダンスが流れるので良く説明を聞きましょう。

U.ガイダンスの後、再生したいので「2」を押します

V.「被災地の方はご自宅の電話番号〜」とガイダンスが流れるので良く説明を聞きましょう。

W.ガイダンスの後、安否を知りたい家の電話番号を入力すると、災害用伝言ダイヤルセンターに接続されます。

X.その後、ガイダンスで「新しい伝言からお伝えします〜」と流れるので、電話がプッシュ式の電話機の場合は「1」を押して「♯」を押します、ダイヤル式の電話の場合はそのまま待ちます。

Z.その後に伝言が再生されます。

[.再生終了後「お伝えする伝言は以上です〜」と流れた後、自動で通話が切れます。

[ 各携帯電話会社でも災害用伝言ダイヤルのサービスがあります ]

iモード災害用伝言板 (NTTドコモ)

EZweb災害用伝言板 (au)

SoftBank災害用伝言板 (ソフトバンクモバイル)

ウィルコム災害用伝言板 (ウィルコム)

地震に備えて知っておきたい「消火器の使い方」

消火器と言っても、結構いろんな種類と形があります。殺虫剤のようなスプレー缶形式の消火器(消化剤)の操作はプッシュするだけなので簡単ですが、一般的な消火器の使い方を知らないと万が一のときの消火に役立ちません。

なので一般的な消火器の使い方は覚えておきましょう。

正しい消火器の使い方

消火器の使い方

スポンサードリンク