地震の簡単な説明

みんなでやろう地震対策 > 地震へ備えよう > 地震の簡単な説明

日本は地震が多いところ

日本は、世界で見ても地震がとても多い所で、世界中の地震の中で1割くらいの地震は日本で起きていると言われているそうです。

何故なのか?というと日本は、太平洋プレート、ユーラシアプレート、フィリピン海プレート、北米プレートという4つのプレートの上に乗っていて、日本が乗っているユーラシアプレートと北米プレートの下に、フィリピン海プレートと太平洋プレートが少しずつ年に数p程度潜り込んでいき、境目がひずんでいくため、太平洋の方では地震が良く起こるのです。

日本が地震の発生が多いのはこの4枚のプレートが原因の場合がほとんどです。

地震はプレートが元に戻ろうとする時に起こる

プレートとは、地球の中の高温の物質が海底から外に出てきた物が冷えて10q〜100qの厚さになった物をプレートと言い、これがどんどん外に出てくるのでプレートは1年に数cmずつ動いています。

この海の底のプレートが、陸地を作っているプレートとぶつかると海のプレートの方が重くて強いので、陸地のプレートの下に入っていきます。これせいで陸地のプレートが引きずられてプレートがどんどん曲っていくことになります。

この曲っていたプレートが限界までくると、元に戻る力が発生して地震が起こります。これを「海洋型地震」といいます。

また、このプレートが元に戻ろうとするエネルギーがプレート同士の境目だけで発生して終わるだけでなく、プレート内部でも異変が起きて断層などができ、地震が起こります、これが「内陸型地震」といいます。

地震の強さが分かる地震とは?マグニチュードとは?

震度とは簡単に言うと揺れの強さのことで、マグニチュードとは地震のエネルギーの大きさのことを言います。

震度はどうやって決まっているかと言うと、気象庁が決めた気象庁震度階級というものがありそれによって決められています。

地震の震度(気象庁震度階級)

震度0地震があったのは気づかないが地震計には記録される。

震度1静かにしている時や地震に敏感な人が分かる程度。

震度2大体の人が地震を感じて、戸や電灯がすこしゆれる。

震度3家が揺れて、地震があったのがはっきり分かる。

震度4家がかなり揺れて、物が倒れる事もある。歩いていても感じる事ができる。

震度5弱窓ガラスが地震の衝撃で割れたり、人によっては動けなくなったりする。

震度5強ブロック塀が崩れたりする危険もある、車の運転ができなくなるくらい揺れる。

震度6弱家具が動いたり・倒れたりする、ほとんどの人が立っている事ができなくなる。

震度6強四つんばいでないと動けなくなるほど揺れる。場所によっては山崩れ、地割れが起きたりもする。

震度7家の全壊、半壊が3割以上になり、すさまじい被害が生じる。

スポンサードリンク