津波が発生したときにどうすればいいか?

みんなでやろう地震対策 > 津波が起こったら! > 津波が起こったら

津波が起こる仕組み

海の底から浅いところで地震が発生すると断層の運動によって海底が変形して上下左右に揺れます、この海底の変形のせいで海面も上下に揺れてその揺れが波になって広がっていきます。ちょうど石を水面に落とした感じに似ています、この波が「津波」です。

ちなみに地震のせいで起こった津波は「地震津波」といいます、津波は他にも火山の噴火などによっても起こります。

津波のスピードはどれ位?

津波のスピードは水深が深いところは速く、時速700キロメートル以上で波の力が伝わっていきますが、海岸に近づくにつれてそのスピードは遅くなっていきます。

ですが海岸近くの津波のスピードでも、一秒に10メートル位の速さなので人間が走るよりも速い事になります。

なので津波には十分注意して津波警報が解除されるまでは海岸には行かないようにしましょう。

図解!津波の仕組み

津波が発生して海岸にくるまで!

図解!津波の仕組み

@海底で地震が起こったことでその上にある海水が上下に揺れます、その揺れが波に変わっていろんな方向へ伝わっていきます。

Aこの時点ではまだ波の高さは高くて1メートル位なのでまったく津波とは気付きません、たとえ船がいたとしてもこの波が津波とは分からないです。

B水深が浅くなるにつれて津波スピードは遅くなりますが波の高さは徐々に高くなっていきます。

C津波が海岸付近にきた時にはさらに津波の高さは高くなります。

D津波が陸地に到達してからは陸地をはい上がるように波が襲ってきます。その距離は数十メートルにもなります、絶対に近寄らないようにしましょう。

スポンサードリンク